2006年11月14日

そろそろいい加減に・・・

ゴブリンシリアスモード再々突入 >挨拶


とにかくさぁ


最 近 麻 雀 勝 て な い ん だ よ ね ! !


そこで色々考えてたんだけど


これって


「自殺ネタがまた影響してるのではないか?」


ってことでシリアスモードに入った模様


とりあえず、あの自殺予告の手紙!!!

マジでアホちゃうか????

ちょっと悪ふざけにも程がある、なんで自殺するのを周りに報告せにゃならんの?

そんなに目立ちたいの?、そんなに死に様を見て欲しいの?

正直ワガママなんじゃない?
いじめられてるような奴が自殺するだけでもワガママだし迷惑なのに、その上メディアに伝わるような方法で予告出してさ。

なにやらその実行日時に合わせて自殺しようとしてる輩まで出てきてるらしいじゃないか。

もうね、そろそろ我慢の限界、一発殴らせて欲しい

全く、ハッキリ言って、そこまで追い込まれたのって自分の所為なんだぞ?

いじめをする、特に小学生や中学生なんて、いじめられてる奴よりいじめてる奴等の方が人間レベルで低いんだぞ?
いじめてる奴はその繋がりが解けたときほど弱くなる存在は無いって程個々人は弱いんだから。

それに耐え切った人ほど強い奴はいないんだ。

それなのにちょっと挫けたくらいで自殺?????

もったいないにも程があるでしょ、残るのはいじめをした弱い人間ばかりになるんだぞ?

死んで逃げられると思うな、生きれるほど得をしていることはないんだから。

あと、テレビでよくやってる「親によるいじめ対策会」とか

いじめに関していうなら「親をアテにするな」と、親に頼ってもいじめはまず解決しません。これは経験談だけど
親がいじめに介入することにより、「こいつは親にしか頼れない弱い奴なんだ」と認識されるのです。

とにかく、自殺は死んでも負け組です、世の中死んで許されることなんて一つもないことを肝に銘じて欲しい。




、、、とまぁいじめられてる方だけ責めるのもなんだから、いじめてる方への心得も語っておこう




まずは「覚悟しとけ」、と




いじめに積極的に参加する奴はとにかく孤独に弱い、一人になったときの弱さはハタから見てても良く分かる。
最近はインターネットで云々とか言ってるけど、それは誰にでも当てはまるってことも覚えておいて欲しい。
ちなみにいじめを克服した人がどれだけ心が強いかも分かってもらって欲しい、あとで何が起きても文句を言えないってことも覚悟するべきだ。

なんせ小学校や中学校の集まりなんてしばらく経てば空中分解するんだし、集団で云々じゃなくて、自分で1:1で相手を倒せるような人間になってほしい。

いじめられてるほうは逆に集団に馴染んで欲しいね

その辺は大人の力を借りずにやって欲しい。





そして自分は自分の道を行く〜to be continued〜











スッキリしたw

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
posted by 中島秘密結社幹部@ゴブリン at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▼応援してるサイト様(定期更新)          pkllbana2.jpgpkllbana.jpg               八坂原学院ポケロリ分校                                                                 『闇色のスノードロップス』応援中! 『ヴァニタスの羊』応援中!                                        『ないしょのないしょ!』応援中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。